最新情報 - 石川建設通信


[記事一覧にもどる]


前へ(2019/04/22 の記事) >

更新日:2019年06月18日

全国砂防関係工事施工管理技術研究発表会にて論文発表



 去る6月14日(金曜日)に、全国砂防関係工事施工管理技術研究発表会において弊社の技術者が論文発表を行ってきました。



 この発表会は、施工条件が厳しい砂防工事における安全対策について、その取り組みと成果を行政と民間で共有し、技術の研鑽を図る目的で毎年開催されております。
 今回は行政・関係団体等からの推薦により全国各地から集まった7社の技術者により、安全対策へのさまざまな取り組みと成果が発表されました。



 弊社では、上塩原にて施工した地すべり対策工事における安全対策について、工事を担当した技術者が論文を作成し、発表させて頂きました。



 この地すべり対策工事においては、法面崩落や付近を流れる川の増水などの危険がありましたが、レーザー変位計による地山状態の監視や、法面アンカーの緊張力可視化、ポータブルWEBカメラによる遠隔地からの環境監視などの取り組みを実施し、安全に施工を終えることが出来ました。

 弊社では山間部における工事をはじめ、これまでに培ってきた技術と経験を活かして、あらゆる工事でより安全でより高品質な施工を行っていきます。




更新者:総務部 K.M



前へ(2019/04/22 の記事) >

ページのトップへ戻る