最新情報 - 石川建設通信


[記事一覧にもどる]


前へ(2019/08/17 の記事) >

更新日:2019年10月21日

安全衛生大会を実施しました



 10月19日(土曜日)に、当社事務所において安全衛生大会を実施しました。
 はじめに、安全衛生功労者表彰式を行い、安全衛生の向上に功績のあった当社の社員2名を表彰致しました。



 続けて安全衛生講話を行い、昨年に引き続き建災防栃木県支部より安全衛生コンサルタントの橋爪良行様をお迎えして、「高齢者の安全管理」をテーマにご講演頂きました。



 また、緊急時の訓練として、フルハーネス型安全帯の取扱い方法をご指導頂き、実際にフルハーネス型安全帯を用いた疑似体験を参加者が体験しました。



 フルハーネス型安全帯については、今年2月の改正労働安全衛生法の施行に伴い、従来の胴ベルト型安全帯に変わって一定の高さ以上の高所作業時に着用義務化されました。
 ただし、現在は準備期間のため従来の胴ベルト型安全帯も着用が認められていますが、現場で働く社員の生命を守るため、当社も順次フルハーネス型安全帯の導入を進めているところです。

 今回のように協力会社各様が集まる際に、当社の安全への取り組みを周知して、業界全体で安全意識の高揚を引き続き図って参ります。

更新者:総務部 K.M



前へ(2019/08/17 の記事) >

ページのトップへ戻る